オーラリーディングHOME ハイヤーセルフとは オーラリーディング申込み オーラリーディング問い合わせ オーラリーディングのリンク集 サンライト

無料ハイヤーセルフ講座

Vol.33トゥルーセルフ

【人生の仕組み】

2014. 5. 23 配信


このツライ現実が夢だったらいいのに・・・。
なんだ、これまでのことは全部夢だったのかと、いつかそんなふうに思える朝が来ればいいのに。

傷つきやすく多感な十代の頃、心底そう願いながら、夜な夜なクラ〜イ気分で眠りに就いていた時期がありました。

それから四半世紀以上の歳月が流れて。
あるとき夢から「目覚める」意識体験が起こり、思いもよらない形でその願いは実現しました。
さながら映画「マトリックス」のように。

夢から目覚めて初めて、自分は今まで眠ったまま生きていたのだと知りました。
マトリックス(幻想)から脱出し、夢から醒めた夢を生きている先人たちが、すでにたくさんいることにも気づきました。
長い冬眠から目覚めた朝、そこに在るのは愛と喜びに満ちた無限に豊かな自分だけでした。

 

 

天災、事故、犯罪、戦争、迫害、飢餓、貧困、病気。
日々メディアで報じられるニュースには、目を覆いたくなるような悲劇があふれ返っています。

恐れ、不安、怒り、嫌悪、苦しみ、悲しみ、妬み、焦り。
こうした感情に翻弄されながら、私たちの誰もが思いのままにはならない夢の世界を生きています。


私たちが見ている夢というのは、どうしてこうも思い通りにはならない出来事ばかりなのでしょう?
何にも煩わされることのない極楽浄土の夢を生きることはできないものでしょうか?

これから先は、そんな問いかけについて掘り下げ、永遠の幸福への旅路へ出かけていきましょう☆.。.:*・


--------------------------------
◆サンライトからのお知らせです◆
--------------------------------
5/27(火) 〜 6/3(火)期間は休業となります。
まことに恐れ入りますが、この期間にいただいたメールや電話でのセッションのお申込み・お問い合わせへは、6/4(水)以降に返答させていただきますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。


・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・

人生はゲーム。
私たちは人生というゲームをプレイしている。

今から18年ほど前、とあるワークショップに参加して、そう教えられたことがありました。

当時は意味がよくわからずピンときませんでしたが、それから何年も経って、夢から目覚める意識体験をした後で、ようやくその言葉の真意を理解することができました。


人生はゲーム。

これこそが、私たちの人生が思いのままにはならない理由にほかなりません。

人生とは、何もかもが思いのままの創造無限の「空」という意識が、思いのままにはならない体験を味わうために創造した、究極の制限ゲーム。
もともとすべてが思いのままの無限の自分が、思いのままにはならない有限の自分を体験したくて、私たちは人間として、今ここにこうして在るのです。

 

人生とは空なる無限の自分が創造した制限ゲームであり、自分は今そのゲームをプレイしている只中にあるのだと思い出すことこそが、永遠の幸福への第一歩となるのです。

 

 

ここで、人生の仕組みについて、具体的に見ていきましょう。

最初に、宇宙創生のゆえんを振り返っておきましょう。↓
Vol.29トゥルーセルフ
【自分は何者?】

自分は何者?という問いかけとともに、広大無辺の虚空の広がり(=空)から自意識(=空意識)が目覚めてビックバンが起こり、多次元宇宙が誕生しました。

自分を知りたいという空の衝動(=空意識)によって、空から無数の分身(=部分)たちが創られ、空と相対する世界が開かれました。


それでは、空意識によって開かれたこの人間世界は、なにゆえこうも悲劇や困難がつきまとうのでしょうか?
空意識と人間世界の関係性を詳しく掘り下げてみましょう。

 

 

空意識とは中立な「愛」であり、今ここに在ることの「喜び」そのもの。
空意識はあらゆる可能性に満ち満ちている、とてつもなく豊かな創造無限のフィールドです。

愛であり、喜びであり、無限に豊かであり、存在のすべてである空意識が己を知るためには、己と相対する鏡のような存在が必要でした。

己の比較となる対象の存在しないそのままの状態では、愛なる自分を、喜びなる自分を、無限に豊かなる自分を客観的に知ることができなかったのです。

愛そのものである空意識が己を知り、己が愛そのものであると自覚するためには、愛ならざるものを知る必要がありました。
喜びそのものである空意識が己を知り、己が喜びそのものであると自覚するためには、喜びならざるものを知る必要がありました。
無限に豊かで満ち足りている空意識が己を知り、己が無限に豊かで満ち足りていると自覚するためには、有限の制限された足りない状態を知る必要がありました。


では、唯一であり存在のすべてである自分が、自分以外の自分ならざるものを知るためにはどうすれば?


そこで、空意識は無限の創造性を発揮して、とびきりユニークな遊びを開発したのです。

それが、「人生」という名の制限ゲーム。

自分が空意識であることを忘れた人間という分身が、あらかじめ定められたルール(制限)の中で、意識を進化させながら徐々に自分の正体を思い出し、ついには本当の自分、空意識へと帰還を果たすというスリルあふれる仮想現実アドベンチャーゲームです。


ゲームの参加者に課せられるルールとは:

・舞台は地球。

・あらゆる観念がプログラムされ、全体意識(=愛と喜びの源、空意識)から隔てられた、自と他という分離意識(=恐れ)の状態にある「自我」と、男性または女性のいずれかの「肉体」をまといます。

・全脳細胞のうち数パーセントのみの使用が許されます。

・およそ80年前後の限られた時間の中で、限られた範囲内での自由と選択が与えられます。

・自分が創造無限であり、この世のすべては自分が生み出している幻想であることを忘れて、自分はこの世に生まれてきたのだと錯覚します。

 

 

愛であり、喜びであり、無限に豊かである空意識は、こうして、愛と喜びの源から隔てられ制限された、人間というかりそめの自分と現実というかりそめの世界を創造しました。

空意識は自分でないものを疑似体験できる、人間世界という3Dシアターのテーマパークを創り出し、そこで日夜繰り広げられる制限ゲームを観察することで、自分ならざるものを知る仕組みを完成させたのです。


天災、事故、犯罪、戦争、迫害、飢餓、貧困、病気。
競争、略奪、暴力、裏切り、隠蔽、不正、不公平。
私たち空意識は人生という制限ゲームが生み出す、こうした悲劇や困難の仮想現実(幻想)を通して、有限の足りない状態とはいかなるものであるのかを知ることができるようになりました。

恐れ、不安、不満、不幸、不信、後悔、絶望、落胆、羞恥。
怒り、嫌悪、憎しみ、恨み、苦しみ、悲しみ、妬み、蔑み。
焦り、疑い、悔しさ、劣等感、罪悪感、傲慢、偏見、執着。
有限の足りない状態がもたらす、愛ならざる喜びならざるこれらの感情を、人間というかりそめの自分を通してリアルに味わうことができるようになりました。

人間が織り成す人生という制限ゲームによって、悲劇や困難の尽きない思いのままにはならない世界が、空意識の思いのままに完璧に創り上げられました。

 

 

この人生という制限ゲーム、仮想現実ゲームがあまりにリアルで面白いため、空意識が仕掛けた通りに、今や多くの人間が我を忘れてゲームに没頭しています。

愛情が足りない、能力が足りない、お金が足りない。
時間が足りない、自由が足りない、幸せが足りない。
このままの自分では不完全で足りていないと錯覚し、無限に豊かで満ち足りている本当の自分を忘れて。

この世のすべては自分が創り出している虚像であり、カタく動かしがたく難攻不落に見える現実は、実は、シャボン玉のようにユルくて儚い幻想であることなど、もはやすっかり忘れて。

ゲームの参加者のほとんどが、ゲーム前半の「忘却」ステージにいつまでも留まり続けたまま、後半の「覚醒」ステージへと進む間もなくタイムアウト。
なかなかゴールへとたどり着くことができません。
(人間意識の二つのステージとは↓
Vol.28トゥルーセルフ
【幻想から目覚める】)

 

 

人は思いのままにはならない現実を嘆いて、もっと思い通りになったらいいのにと言います。
人生がラクラク思いのままになればいいのに、悩みや心配もなく、何事にも煩わされず、愛と喜びだけを体験できれば幸せなのにと。


けれど、実のところ。


何もかもが思いのままなんてつまらない。
愛と喜びだけの世界なんて退屈。
私たちの誰もが潜在的にはそう思っています。

だって、私たちは創造無限の空意識。
もともとすべてが思いのままの自分なのですから。
もともと私たちには愛と喜びしかないのですから。

何もかもが思いのままのそんな自分もそんな世界も、私たち空意識は高次元の領域でとっくに体験済み。
そんな体験にはもう飽き飽きしているのですから。


思いのままにはならないなんて、こんなに面白い遊びを終わらせてしまうのはイヤ。
思いのままにはならないこの黄金郷の夢の世界で、いつまでも目覚めず遊び続けていたい。

大好きなオモチャを取り上げられまいと必死に握りしめて手放さない子どものように、私たちの中にはそんな自分が潜んでいて、夢から目覚めることを拒んでいます。

そうして、自分は不完全で足りていないと自分に暗示をかけたまま、重たい感情を思う存分に味わいながら、思いのままにはならない足りない現実を、その実、思いのままに創り続けているのです。

 

 

 

それでは、真の黄金郷を生きるためにはどうすればいいのでしょう?
悩みの尽きない現実から解放されて、思いのままの夢の世界を生きるには?

次回も、人生の仕組みについてさらに掘り下げ、永遠の幸福への旅路を歩み進んでいきましょう♪

 

 

愛と喜びに満ちた無限の自分を目覚めさせていきましょう.。.:*☆

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました☆彡

 

ハイヤーセルフと深くつながり、豊かさあふれる現実を創造していくためのパワフルなスキルをマスターします。

スクールの詳細はこちら

スクールの体験談はこちら

スクールのお申込みはこちら

※「無料ハイヤーセルフ講座」の続きは、こちらからご覧いただけます。
続きは無料メールマガジンで 登録はこちらから
メルマガ購読・解除
 
※「無料ハイヤーセルフ講座」の内容へのご質問はお受けできませんので、あらかじめご了承ください

オーラリーディングで人生を変えたい方はこちらから

オーラリーディングを受けることで、無意識の情報が、「意識化」されます。

「意識化する=自分について真実を知る」ことで、自浄作用が起こり、瞬時に問題が癒され、解決されることがあります。

【このようなことでお悩みのあなたにオススメです】

・仕事
・才能
・お金
・収入
・家族
・恋愛
・結婚
・人間関係
・健康

オーラリーディングお申込フォーム




スピリチュアル日記

クリアサイト認定透視ヒーラー
荻野 智晴
上級透視リーダー、上級ヒーラー。 1997年、クリアサイトジャパン「クレアボヤンススクール」「エナジェティック・メディスンスクール」修了。
くわしいプロフィール
HOME - 無料リーディング - 無料ハイヤーセルフ講座 - オーラリーディング - ハイヤーセルフスクール
当サイトへのリンクについて - プライバシーポリシー 
サンライト
〒141-0022 東京都品川区東五反田3-1
TEL&FAX:03-6277-3682
 
当サイトの、文章、画像等の無断転載については固く禁止致します。