Vol.2 ハイヤーセルフとつながる方法:【エネルギーワーク】

2011. 10. 24 配信

~イメージした通りにエネルギーは動き、エネルギーの通りに現実は創られる~

 

こんにちは!
透視リーダー☆ちはるです。

秋も深まってまいりましたね。
毎年、この時期になると、思い出すことがあります。

京都・大原の名所、三千院で、360度赤々と境内を照らす紅葉を愛でながら、あま~いみたらし団子にパクついていた無邪気な20代。

また、あの頃のように、楽しく京都を散策してみたいなあと思う、今日この頃です^^

 

みなさんは、この時期に思い出すことはありますか?

今年も、美しい紅葉が日本を彩ってくれますように。

 

それでは、本日も、よろしくお願いいたします!

・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・

前回のメルマガで、ハイヤーセルフからの情報を受けとめるためには、自分の霊体を肉体の中にしっかりとどめておく必要があること、

そして、霊体が肉体を離れ出ることのないよう、霊体を肉体の中に、いつでも、しっかりと据え置くためには、

肉体とオーラに心地よい体験を与えてあげること
肉体とオーラを心地よい住みかに変えていくこと

が重要とお伝えしました。

 

これから先のメルマガでは、どのような状況下にあっても、霊体を肉体の中にしっかりと据え置くための具体的な方法、「エネルギーワーク」をご紹介してまいりますね。

エネルギーワークをご紹介していくにあたり、今回は、

そもそも、エネルギーワークって、何?
エネルギーワークをうまく行うためのコツは?

ということについて、簡単なエクササイズを行いながら、具体的に解説していきますね。

 

それでは、さっそく、次のエクササイズを行ってみましょう。

 

1.キラキラと輝く美しい金色の光を、目の前にイメージしてください。

2.この金色の光をゆっくりと鼻から吸い込み、2~3秒息を止めて、光が全身を満たすのを感じます。

3.不要なエネルギーが出ていくのをイメージしながら、ゆっくりと口から息を吐き出します。

これを、2~3回繰り返してみてください。

 

どうでしたか?
どのような感じがしたでしょう?

今、私たちは、イメージを用いて、エネルギーの世界で、実際に、金色の光を創り出しました。

そして、その金色の光を吸い込むイメージをしたことで、実際に、金色の光を肉体に取り込み、実際に、肉体の波動を上げたのです。

 

もっと簡単に言えば、金色の光がそこにあるとイメージするだけで、その金色の光は、この物理世界では目に見えなくても、エネルギーの世界では実在する、ということです。

 

エネルギーは、私たちがイメージした通りに創られ、同時に、私たちがイメージした通りに動きます。

 

先ほど行ったエクササイズにように、私たちはイメージを用いてエネルギーを自由に生み出し、意図的に動かし、現実を変えていくことができるのです。

このように、エネルギーを生み出し、動かし、物理レベルに働きかけていくことを、「エネルギーワーク」と呼びます。

 

このエネルギーワークを、うまく効果的に行うためのコツは二つ。

ひとつは、リアルにイメージすること。
対象物を、はっきりと思い描くことで、エネルギーワークの効果が増します。

先ほどのエクササイズでは、体内に吸い込まれた金色の光が、肉体の細胞ひとつひとつに染みわたり、細胞がイキイキと輝いていく、という鮮やかなイメージを加えることで、肉体の波動がぐんと上がり、より健康な状態へといざなわれることでしょう。

エネルギーワークを、うまく効果的に行うための二つ目のコツは、頑張らないこと。

うまく正しくやろうと真面目に真剣に頑張るほど、オーラの波動が重たくなり、かえってうまくいかなくなってしまうのです。

遊び感覚で、無邪気に楽しく行うことが、エネルギーワークをうまくかせる秘訣。

童心に返り、好奇心と遊び心いっぱいに、ぜひ、エネルギーワークを楽しんで行ってみてくださいね。

 

今回は、エネルギーワークを、うまく効果的に行うためのコツについて、ご紹介させていただきました。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

プロフィール

クリアサイト認定透視ヒーラー

荻野 智晴

上級透視リーダー、上級ヒーラー。 1997年、クリアサイトジャパン「クレアボヤンススクール」「エナジェティック・メディスンスクール」修了。

サンライトの無料ハイヤーセルフ講座
メルマガ

ハイヤーセルフとつながり
豊かさあふれる現実を創造するメソッドをお届けします

読者購読規約
powered by まぐまぐ!

LINE登録

無料ヒーリングなどLINE登録者様限定のお得な情報をお届けします

友だち追加数
ハイヤーセルフ・リーディングハイヤーセルフ・リーディング