ヒーリングとは

これまで、私自身、いろいろなヒーラーの、いろいろなヒーリングを体験してきました。
歩行の困難な状態にあった人が、ヒーリングを受けて、自力で歩けるようになったり、一般には治らないとされている重たい病が消え去るなどの、奇跡的な癒しについて、見聞きしたこともあります。

ヒーラーとは、特別な癒しのパワーを具えた、特別な存在なのでしょうか?
奇跡の癒しは、ヒーラー自身の特別な力によるものなのでしょうか?

ヒーリングについての誤解のひとつに、ヒーラーのパワーが、ヒーリー(ヒーリングを受ける相手、クライアント)を癒すという認識があります。
けれど、本当はそうではありません。

ヒーリングとは、ヒーリー自身が、自らを癒す行為であり、ヒーラーは、ヒーリーが、自らを癒すことを手助けする存在なのです。

もし、あなたが、ヒーリングによって、健康状態が改善されたり、現実面で劇的な変化を遂げたのなら、それは、ヒーラーの力があなたを変えたのではなく、あなた自身が、内なる力で自分の問題を手放し、自分を変えたということです。
真の癒しは、ヒーリー自身が、その問題を手放す準備ができている状態においてのみ起こります。

わかりやすくお伝えしましょう。

たとえば、ヒーリングによって、ヒーリーの病魔が消えたとします。ヒーリーが、その病気の根本原因であるエネルギーを手放す準備ができていたのなら、同じ病気が再発することはないでしょう。

ところが、ヒーリーが、そのエネルギーを手放す準備ができておらず、その病気から学ぶべきレッスンを十分に得ていない場合には、ヒーリングによって、一時的に肉体が治癒されたとしても、ふたたび、同じ病気を引き起こすことになるでしょう。

つまり、ヒーリングによって、病気の原因であるエネルギーが、一時的に解放されたとしても、ヒーリー自身が、その病気から十分に学び終えていない場合には、ヒーリーは、いったん手放したエネルギーを自分のもとへと取り戻し、ふたたび病気となって、学び続けようとするわけです。

そして、ヒーリーに同じ病が宿るたびに、ヒーラーが、ヒーリングで繰り返しその病を消し去るのは、ヒーリーから、大切な学びのプロセスを奪う行為といえます。

 

最後に、ヒーラーについて触れておきましょう。

私があなたたちを癒しましょう、私のパワーに触れれば運がよくなりますよ、と伝えるヒーラーのもとには、自分のパワーを放棄し、ヒーラーに依存し続ける人々が集まります。
「自分の具える癒しのパワーが人を助ける」というヒーラーの信念が、磁力となり、「あなたのパワーで私を助けてください」と、ヒーラーに依存する人々を引き寄せるのです。

ヒーラーを崇める人々は、「偉大な先生」というイメージを、ヒーラーのオーラの中に、投げ入れ続けます。
ヒーラーが、それらのイメージを、自分のオーラから取り除かずにいると、ヒーラーは、知らず知らずのうちに、そのイメージにしたがって行動するようになります。「偉大な先生」という看板を掲げて、自ら高台へと上り、そこから降りることが困難になってしまうのです。

ヒーリングを受ける際は、ヒーラーに依存しない姿勢が大切です。

一方、ヒーラーは、「ヒーリーを治す」のでなく、「ヒーリーが自らを癒すことを手助けする」立場にあると認識する必要があります。そして、高台へと上ることのないよう、自分のエネルギーフィールドを、常に、クリアに保つ必要もあるでしょう。

プロフィール

クリアサイト認定透視ヒーラー

荻野 智晴

上級透視リーダー、上級ヒーラー。 1997年、クリアサイトジャパン「クレアボヤンススクール」「エナジェティック・メディスンスクール」修了。

サンライトの無料ハイヤーセルフ講座
メルマガ

ハイヤーセルフとつながり
豊かさあふれる現実を創造するメソッドをお届けします

読者購読規約
powered by まぐまぐ!

LINE登録

無料ヒーリングなどLINE登録者様限定のお得な情報をお届けします

友だち追加数
ハイヤーセルフ・リーディングハイヤーセルフ・リーディング