ウイルス騒動の裏側にあるもの①

今回のウイルス騒動に関する光の存在からのメッセージの記事をご紹介します。

「今年の1月以降、イギリス国民の半数以上が新型コロナに感染、回復済みであり、免疫を持っている」(=新型コロナの感染致死率はニュースで発表されている数字よりも、実際には、はるかに低い)というイギリスのオックスフォード大学による研究結果と符合するようなメッセージです。

 

【引用元】:ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~
https://ameblo.jp/kuni-isle/entry-12582988963.html

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

落ち着いてください。

冷静に考えてみてください。

ニュースなどでとても怖いとされているウイルスが本当に言われているほどの威力を持っているのならばどうでしょうか?

はじめて報道されてから約3か月がたちました。

 

緊急措置として国を閉鎖しなければいけないほど感染力が非常に強く、致死率も高いのであれば、もう目に見えて人々がどんどん倒れているはずです。

人口の半分近くの方がかかっているはずではありませんか?

そして、感染を防ぐために学校を休校にすると言いながらも保育園や学童保育はOKするというのは矛盾に満ちていませんか?

イベントの中止などの要請をしながら、国レベルのイベントは中止せず続行するというのは大きな矛盾ですね。

これは何を意味しているのでしょうか?

 

そうですね・・・トップの人たちはこのウイルスはそんなに脅威ではないということを知っているということです。

知っていて煽っているのです。

何故ですか?

 

あなた達を怖がらせ自分達の欲しいものを手に入れるためです。

欲しいもの・・・それはあなた達庶民を支配するための手段です。

国が命じれば庶民をどのようにでもコントロールすることが出来る権利が欲しいのです。

緊急事態宣言ですね。

何でも出来る打出の小づちがどこまで通用するのかの実験をしているのです。

そして、庶民たちが何にパニックになるかの実験も兼ねているのです。

戦争や自然災害や金融単体ではもう人々は怖がらなくなりました。

だから、今度は病気ならどこまでパニックになるかを実験したのです。

それがとても上手くいったと思っています。

・・・・・・・・<中略>・・・・・・・・

それをしている人たちは笑いが止まりません。

あなた達を怖がらせて高みの見物で笑っているのです。

 

矛盾を感じてください。

おかしいなと思ってください。

そうすれば彼らの扇動に乗ることはありません・・・」

全文は、ぜひ、こちらからご覧ください。↓
https://ameblo.jp/kuni-isle/entry-12582988963.html

 

プロフィール

クリアサイト認定透視ヒーラー

荻野 智晴

上級透視リーダー、上級ヒーラー。 1997年、クリアサイトジャパン「クレアボヤンススクール」「エナジェティック・メディスンスクール」修了。

サンライトの無料ハイヤーセルフ講座
メルマガ

ハイヤーセルフとつながり
豊かさあふれる現実を創造するメソッドをお届けします

読者購読規約
powered by まぐまぐ!

LINE登録

無料ヒーリングなどLINE登録者様限定のお得な情報をお届けします

友だち追加数
ハイヤーセルフ・リーディングハイヤーセルフ・リーディング